EPS GROUP

文字サイズ

印刷

トップページ > 採用情報 > 社員紹介

採用情報

社員紹介

CRAはやりがいのある仕事 新薬が承認されると医療に貢献した喜びがある(CRA 2013年入社)

EPSアソシエイト(CRO)で働きたいと思ったきっかけについて

大学内での紹介がきっかけでCROという業種を知りました。会社説明会などで医薬品開発の話を聞いて、専門的な知識やスキルを身につけることができる仕事であることに魅力を感じました。治験は法令による規制や試験ごとに守らなければいけないことがたくさんあるため、勉強をし続けることも必要ですが、その分やりがいがあると思いました。そして、医療という社会貢献度の高い仕事でもあります。それらの点からCROで働きたいと思いました。

現在の業務内容とその魅力について

CRA業務は、医療機関を訪問し、治験が治験実施計画書やSOP(手順書)、関連法規等に沿って適切に実施されているか、被験者の人権や安全が保護されているか、そして治験薬が適切に管理されているかを確認する業務です。医療機関のスタッフを含め社内外で様々な立場の人々が関わっているため、CRA業務には情報の整理・伝達・共有をしっかりと管理することが求められます。治験を実施する上で、医療機関のスタッフと協議しながら、課題を一つひとつクリアし、治験の進み具合を感じながら業務を行えることが、この仕事の魅力でもあります。そして、試験の結果新しい薬として承認されたときには、医療の一端に貢献した手応えを感じることができます。

先輩社員に聞きました!

日々の仕事において大切にしていることはなんですか。
目標をもって業務に取り組む。より良い業務の進め方を考えること。
今後身につけたいスキル、スキルから考えるキャリアパスについて教えてください。
医療機関のスタッフと協議する際に円滑に進められるように、コミュニケーション・スキルを高め、折衝力を身に付けたいです。交渉を円滑に進められるようになって、将来はプロジェクトをまとめる立場としてプロジェクト全体を引っ張っていきたいです。

学生の皆さんへのメッセージ

やる気や向上心がある人にとって医薬品の開発はとてもやりがいのある仕事です。入社後しっかりとした教育研修制度があるので入社前から専門知識は必要ありません。皆さんの入社をお待ちしています。

ページトップへ

国内からグローバル治験へ 医薬品から医療機器開発へ 活躍の場を広げながら成長を実感できる(CRA 2005年入社)

EPSアソシエイト(CRO)で働きたいと思ったきっかけについて

大学時代に、どのような薬が開発されているのかを知りたいと思い、また発売前の薬が開発される過程である治験に興味を持っていました。そんな時、研究室の先輩がCROに就職したことをきっかけに、治験を担うCROの存在を知ったのです。製薬会社ではなくCROを選んだ理由は、CROであれば様々な製薬会社の治験に携わることができると考えたからです。

現在の業務内容と仕事でのエピソードについて

8年間携わった医薬品治験では、国内治験とグローバル治験を経験。グローバル治験ではチームリーダーの私を含め、7名のチーム員と24か所の医療機関をコントロールしました。世界規模での開発期間短縮と地域差解消が期待されるグローバル治験は、タイトなスケジュールなど苦労もありましたが、煩雑なプロセスを一つひとつクリアし、チーム員がスケジュール通りに業務を行っているかをタイムリーに確認していくことで、期限を遵守しプロジェクトを成功に導きました。そして治験依頼者からの「また一緒に仕事をしたい」という言葉に、さらにCRA業務を頑張っていこうという気持ちが湧きました。現在は医療機器治験のCRAとして、プロジェクトの立ち上げ業務を行っています。医薬品治験で経験した対象疾患と同じ領域ですので、その経験を活かして取り組んでいます。

先輩社員に聞きました!

日々の仕事において心掛けていることはなんですか。
効率的に仕事ができるよう早めに出社し、どの業務にどれだけ時間をかけたかを記録するようにしています。また、会議では業務改善策の提案など前向きな取り組みを心掛けています。私は若手社員と年長社員の中間にあたる世代。その世代間の橋渡しとなって社内コミュニケーションを築きたいと考えています。
今後身につけたいスキル、スキルから考えるキャリアパスについて教えてください。
チームマネジメントできるスキルを身に付け、将来的には自分がリーダーとなって一つのプロジェクトを動かしていくと同時に、グローバル治験や医療機器治験の経験も増やし、CRAとしての経験と幅を厚くしていきたいと考えております。また、グループ会社でCRCなど他の職種もチャレンジしてみたいと思います。

学生の皆さんへのメッセージ

EPSアソシエイトはコンパクトな組織ではありますが、その分自分の意見を言いやすく、提案も受け入れられやすい会社です。さらに社員一人ひとりが「自分達の力でプロジェクトを成功させたい!」という熱い思いで仕事をしています。その一生懸命さが、治験依頼者や関係者から良い評価をいただく理由であることは、自信をもってお伝えすることができます。是非EPSアソシエイトの雰囲気を見にきてください。

ページトップへ

キャリア採用情報

開発に関わる様々な人々の新薬への思いを繋ぐCRAの仕事を極めたい(Clinical Team Leader 2013年入社)

これまでのキャリアと現在の仕事内容について

農林水産省を経て、MRとして製薬会社に入社。その時に経験した薬剤の使用成績調査や特定調査などから、本格的な臨床開発の仕事に興味を持ち、専門機関であるCROに転職しました。その後派遣会社に登録し、CROでは経験できなかった製薬会社内のCRA業務を行いました。同じCRA業務でも治験依頼者(内外資製薬会社)の立場で実務に携わることで、製薬過程の全体を知るよい機会となりました。現在は、医薬品開発及び臨床研究のプロジェクトを担当し、幅広くCTL業務を行っています。

医薬品開発でのスキルと今後のキャリアについて

製薬会社ではMR資格取得のため製薬の基礎知識(疾病治療、薬理・薬剤、法規制など)を徹底的に学びました。最初のCROでGCPやSOP(手順書)などの臨床開発の知識を得、製薬会社内の派遣CRAにおいて医薬品開発の一連の流れを経験しました。製薬にはProject Manager(PM)をはじめデータマネジメント部門、治験薬管理担当や安全性管理部のほか、臨床検査などのベンダー会社も含め、多くの人々が関わっており、それぞれが製薬の方向性にも討議を重ねていることを知りました。そしてその中心となるのが医療機関とやりとりし、情報をもつCRAなのです。現在はMRで培った専門知識やコミュニケーション能力、それぞれの開発現場での経験を活かし、治験依頼者の意向に沿うモニタリングを心掛けています。治験依頼者と協議しながら良きパートナーとなるCRAの仕事を極めたいです。

先輩社員に聞きました!

EPSアソシエイトへ転職した動機を教えてください。
会社訪問で採用担当者の人柄や熱意に惹かれました。またマタニティ休暇制度や育児休暇制度などの環境が整っていることも決め手となりました。
日々の仕事において心掛けていることはなんですか。
ミスをしないこと。新しい情報を入手すること。

これから入社される方へのメッセージ

CRAの仕事をしていると、製薬会社が新薬開発に莫大な予算と長い年月をかけ、多くの人々が大変な努力をしてやっと発売しているのが分かります。GCP、薬機法(旧薬事法)、治験実施計画書、手順書などに注意しなければならないので、仕事を覚えるのは大変ですが、自分が携わった薬が発売されたときには、達成感があります。一緒にがんばりましょう。

ページトップへ